Google Adwords

一つのキーワードが意味する事

●一つのキーワードが意味する事

キーワードを考える時に、慣れてきたらドンドン思いつくようになったり、キーワードの探し方についても幅広い方法を取る事が出来るようになります。

でもキーワードは数を出すでは意味がなく、そのキーワードを、
「何故検索ユーザーが入力したのか」
「どんな欲求がありそうなのか?」
を考える必要があります。

例えば、「靴」をメインに考えても、
「靴 通販」
「靴 修理」
「靴 ローファー 軽い」
「靴 保管方法」
「靴 下敷き」
「靴 プレゼント 人気」
・・・
このようにキーワードによって、ニーズが大きく変わってきます。

靴を販売したいなら、どのキーワードを選ぶかは一目瞭然ですよね。

1キーワード1ニーズと思って、キーワードを選んで広告文につなげて下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ちょっとした名称変更
  2. リスティング広告のコンサルティングで何をしているか
  3. Yahoo!プロモーション広告のいろんな地雷
  4. AdWordsでキャンペーン設定時は、混ぜないように。
  5. リスティング広告のコンサルで「結果の出る人」と「結果の出ない人」…
  6. .複雑化する管理画面と、ストレスなく付き合う方法
  7. リスティング広告でクリックされにくい広告文
  8. 一風堂に学ぶ。飲食店もリスティング広告を使う時代です。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP