Google Analytics

税理士がリスティング広告を出す場合

税理士がリスティング広告を出す場合は、どんな事に気を付けるか?

今日は2月17日で、これから3月末の企業決算と確定申告のニーズが増えてきます。
経営者にとっても、経理担当者にとっても頭の痛い期間がやってきます。

同時に顧問契約のスイッチングも増やせるチャンスなので、このタイミングでしっかりと訴求したほうがいいですね。

まず、
・どのニーズに合わせて、
・どんなキーワードがあるか?
を考える必要があります。

例えば、「キーワード」「想定ニーズ」を考えると、以下のようなパターンが考えられます。
・千葉市 決算
→千葉市で決算出来る税理士を探している

・決算 代行
→決算を代行して欲しい

・決算 スケジュール
→決算をするスケジュールを知りたい

・確定申告 やり方
→確定申告のやり方(方法)が知りたい

・確定申告 至急
→確定申告を急いでいる

見込み顧客は、税理士に頼みたいのではなく、目の前にある問題を解決したいだけです。
この部分に気を付けて、設定と運用をしてくださいね。

こちらで7日間でリスティングが分かるように、メールで解説しています。
1通目がすぐ届きます。


【無料】たった7日で分かる!リスティング広告戦略メール塾はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 3連休のアクセス数やらコンバージョンやら。
  2. リスティングをしながら、Webサイトを変更する場合
  3. リスティング広告の結果に惑わされない
  4. リスティング広告の戦略的代行について
  5. 一つのキーワードが意味する事
  6. Yahoo!の検索結果画面が青色に、、、
  7. リスティング広告のデメリットとは?
  8. 90%以上の会社は、リスティングの設定内容が間違っている?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP