Web媒体には様々な広告の仕組みがあります。中でも検索連動型広告(リスティング広告)はユーザーが検索したキーワードに関連する広告を表示し、興味をもつ層に直接アピール出来るので近年急速に普及しました。しかし、リスティング広告はPPC広告(クリック課金広告)の一種なので、訪問者がクリックしなければ掲載者に報酬は発生しません。そこで重要なのが「CTR」です。
CTRとは「Click Through Rat」の略で、広告が表示された回数に対しクリックされた割合を指します。この値が高ければ、その広告を通じて広告主のサイトを訪れた人間が多いという事になり、集客効果が高い広告と言えるのです。