インプレッション シェアは、リスティング広告などが表示された回数から表示される可能性のある推定値で割ることで導きだせる数値になります。キーワード検索では、表示される可能性がある状態の時に実際に表示された回数が多ければ、アクセスされた顧客が広告を見るチャンスがあったことを示し、それだけリスティング広告の効果を得ることができます。
インプレッション シェアの割合が高ければ高いほど良いとされ、また予算や広告ランクによる損失率も併せて見ることで状況を把握することも可能です。