今までの広告のあり方は、サイト上に表示される露出回数に基づいて金額が決まる流れになっていましたが、運用型広告は1クリック単位で金額が決まる方式の広告です。それを閲覧した方が興味を持たれてクリックする行動に出るため、リスティング広告の効果をより高めることが可能となります。
ちなみに運用型広告は、バナーの右上端に誰が配信しているかのマークが付く形になっており、ユーザーがそこにマウスをかざせば配信者の情報を見ることもできます。