広告主のサイトを訪問したことのあるユーザーをターゲットとして広告を掲載させる機能なのがリマーケティングです。リスティング広告の担当者であれば、どのみちたどり着くとされるほどの定番となっている広告メニューです。リマーケティングは、売り上げを伸ばす目的はもちろん、登録数を増やす、ブランド認知度を高める効果を期待して導入する企業が増えており、投資収益率の向上が業種を問わず期待できます。またより広範囲でユーザーを取り込むことができるため、新規ユーザーを獲得することも可能となります。