facebook広告

他社の広告文を真似るという事

日曜日に、あるアフィリエイト系のセミナーに参加した時の出来事。
「こんな案件があるので、是非、取り扱って収益を上げて下さい」的な内容でした。

そのセミナーの参加者は割と年齢層が高く、男性70歳/女性65歳くらいの方までいました。
色んな資料が飛び交い、多くの人が講師の資料のデジカメで撮ったり、激しくメモをしていました。

特にホームページの構成になると講師のパソコンまで駆け寄り、食い入るように見ているおじさん(おじいさん?)もいたりして、なんだか甘酸っぱい気持ちになりました。

まずは真似てもいいと思いますが「表面を真似る」のではなく、「その表現に行き着いた思考」を真似た方がうまくいきます。

リスティング広告で言うと、他社の広告文を丸パクリすればクリック数は集まるかも知れません。
しかしホームページに流入して、コンバージョンがあるかどうかは微妙です。

思考を真似ましょう。
そして効率を求めすぎるのを、辞めましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 東京オリンピックとリスティングの共通点
  2. 商圏から広告を配信する地域を考える
  3. リスティング広告のヒントは、アナログ的な行動?
  4. リスティングにおける最大の競合は?
  5. キーワード、グルーピングをどこまで考えてはじめるか?
  6. リマーティングとリターゲティングの違い
  7. リスティング広告を始める時は、広告費はどれくらい必要か?
  8. Google トライスロンのスイム目標達成しました

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP