Google Adwords

リスティング広告で到底ムリな費用対効果を望む方は、厳しいです。

●到底ムリな費用対効果を望む方は、厳しいです。

リスティング広告,費用対効果,muri

こんにちは、サクテキ山本です。

リスティング広告を実施する際に、大きな指標として「費用対効果」があります。

管理画面にクリック数やコンバージョン数、使った広告費などが確認出来るので、
費用対効果を追求する事が可能です。

でも、限界はあります。

例を出します。

・目的
BtoBで問い合わせを獲得したい

・コンバージョン
問い合わせ完了

・指標
集客する平均的なクリック単価:150円
目標とするコンバージョン単価3,000円

この場合、
コンバージョン率=5%
が必要なります。

コンバージョン率=5%は、キーワードによっては可能ですが、
全体的にみて5%を達成するのは、かなりハードルが高いです。

5%=100人サイトにくると、5人が問い合わせをする。
ということです。

とても魅力的な商品で、
問い合わせする人に大きなメリットがあれば別ですが、
一般的な商品であれば非常に厳しくなります。

商品力や見せ方により費用対効果は違いますが、
到底ムリな費用対効果を最初から望まず、
コツコツ改善する意思で取り組んだほうがいいですね。

●サービスメニュー

無料でリスティング広告の基本を知りたい人はこちら
リスティング広告の運用代行はこちら
自社で運用したい人はこちら
とにかく相談したい人はこちら

読者登録は、ここをクリックして下さい。

サクテキ株式会社へのご連絡先
お電話はこちら(平日9:00~18:00)
050-3541-3722
スマホ、携帯からクリックで電話できます

メールだと24時間365日受付OKです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. Adwords Editorを使いこなす
  2. お盆期間、リスティング広告を止める?止めない?その2
  3. 問い合わせが止まらない
  4. AdWrodsで消費税が必要に?
  5. コンバージョンは、必ずテストをしましょう
  6. リスティング広告費1億円のリターンは?
  7. 他社の広告文を真似るという事
  8. タグが入れられない???

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP