Google Adwords

「上限入札単価」と「実際に支払う単価は」違います。

●「上限入札単価」と「実際に支払う単価は」違います。

上限入札単価は、文字どうり”上限”の設定になります。

あるキーワードに対して、「この金額(クリック単価)までなら支払う意思がある」という事です。

例えば、下記のようになります。
上限入札単価=100円
実際に支払う単価=85円

仮に、そのキーワードでのコンバージョン率が1%だったとして、「クリック単価何円まで出すことが出来るか?」を試算すれば大体の目安が分かります。

まず低き金額を設定して、そこから金額を少しずつ調整して上げていくのがオススメです。

お勧め情報はこちら

【無料】たった7日で分かる!リスティング広告戦略メール塾はこちら

●「読者登録」をすると、いち早く情報が届きます↓
読者登録は、こちらをクリックして下さい

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 知ってました?検索は10%程度しかない。
  2. リスティング広告 やり方
  3. あなたにとって、どの広告文が刺さりますか?
  4. 停止?継続?お盆のリスティング広告をどうするか?
  5. .複雑化する管理画面と、ストレスなく付き合う方法
  6. 東京オリンピックとリスティングの共通点
  7. リスティング広告は、負けてもいい戦い
  8. 他社の広告文を真似るという事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP