Google Adwords

アフィリエイトサイトは、リスティングに嫌われている?

リスティング広告に出稿する際に、サイト内容について必ずYahoo!,Googleの審査があります。

一般的なサイトであれば、ほとんど問題無いので心配は無用です。
しかしながら、アフィリエイトサイトの場合、掲載NGとなる場合があります。(ほとんどNG)

この記事のTOP画像は、Yahoo!であるキーワードを検索した際に表示される広告文です。
提携、/提携とか書かれているのが分かります。
このように記載されている広告文のリンク先がアフィリエイトサイトとなっています。

Googleアドワーズの場合は、記載する必要はありませんが、現時点でほとんどのサイトは審査NGとなります。
つまり広告掲載できません。

一言でアフィリエイトサイトと言っても、サイトのレベル感によって広告掲載可否が分かれます。
(広い意味ではkakaku.comもアフィリエイトサイトです)

掲載可否の決定権はいついかなる場合でも、媒体側(Yahoo!、Google)が握っているので、どうにかなるものでもありません(異議申し立ては出来ますが)

では、どうするか?

媒体側には媒体側の論理(掲載基準)があるので、出稿前に確認する必要があります。
裏技はありません。
カスタマーサポートに問い合わせても、担当者によって違う事もありますが、基本的なガイドラインは遵守するようにしてください。

リスティング広告に出稿するためには、媒体側の掲載基準に合わせて、サイト内容を変更する事も必要ですよ。

>追伸
アフィリエイトサイトの場合、アフィリエイトの広告主がリスティング出稿NGにしている場合も多いです。
後でトラブルにならないように、ASPの管理画面で確認してください。

お勧め情報はこちら

【無料】たった7日で分かる!リスティング広告戦略メール塾はこちら

●「読者登録」をすると、いち早く情報が届きます↓
読者登録は、こちらをクリックして下さい

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. Adwords Editorを使いこなす
  2. 広告文はタイトルしか見られていない?
  3. 増税前!広告文でも徹底訴求
  4. キーワードマッチタイプの部分一致は無駄なのか?
  5. 「広告文を変えたい!」そんな時、、、
  6. リスティング代行サービス
  7. リスティング広告のコンサルティングで何をしているか
  8. Google Adwordsのアカウント設定内容が正しいか?診断…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP